沼はま

どうして山に登るのか、考えたときに、ひとつ思い当たることがある。

それは、山を下る時によく思う。

こんなキツイ坂だったっけ?よく登ったな。

確かに登る時は、先が見えず、坂はずっと続いている。そこを一歩一歩、ハアハア言いながら、疲れたーと言いながら、休み休み登る。

登る時は、あと少し行けば平らになるのでは?とか期待しながら、そんなことだけを考えている。

でも下る時は、こんな坂を登るなんて、私、なんて頑張ったんだろう。凄いよ。えらい!

そんな思いが湧き上がる。自分を褒めてあげたい。自己肯定感があがるというのかな。自分を褒めるなんて、仕事してても、家事をしてても、あまり湧いてこないのに。もちろんどちらも頑張っているけれど、登山は、体力的にキツイこともあり、達成感が段違い。

これがハマる要因か。まんまと沼にハマったな。